今日、何をした?

のっぽがその日にしたことを書きます。

留年日記 1日目:告白

今までずっと秘密にしていたのだけど、父親にもぼくが留年したと告げました。「単位が足りないから留年した」とバカ正直には言わず、お酒を飲ませた上で「もっと勉強したいからあと1年通わせてくれ」と伝えたことが功を奏したのか、一切怒っていませんでした。

 

でも「学費はどうするんだ」と学費については心配していました。父ももう年配ですから、いつまでも仕事をこなすのはきついのでしょうし、ぼくに早く就職してもらって、家計を支えてほしかったんでしょうね。そう思うと、もう少し働いてもらわないといけないことに心が痛みます。

質問には「5年次の分は全額自分で支払う」と返しました。借金はしません。奨学金を借金とするなら、ぼくはすでに借金まみれですけど、そうではなく金融機関の支援を受けないということです。ぼくは今、性的であったり、危険だったりせず、安全安心ホワイト高時給バイトをしているので、それをみっちりこなせば、ちゃんと5年の学費を払えます。約100万。時給が1850円であることを考慮すると、ちょっと大変ですが、頑張りたいと思います。

 

単位は残り75単位あります。卒業単位が128単位だと考えると、3年間で50単位しかとっていませんね。これは普通なら2年生までに取れる数です。一体何をしてきたのか。率直に答えるなら、サークルをしていました。そして、堕落していました。

これからは気持ちを入れ替えて、授業にちゃんと出ようと思います。

 

残り単位数は75。残り学費は100万。

留年日記をつけていくに当たり、ブログの最後で、これがどれだけ減っていくのか、毎回記録していこうと思います。

自業自得に苦しみ、家族を犠牲にする留年の最低な戦いが、これからはじまる。