読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日、何をした?

のっぽがその日にしたことを書きます。

暇つぶしスマホゲーログ 5回目 15/81

口内炎の痛みがひどい今日この頃。作業中にも痛みが主張してきて、なかなか集中できない。口元が気になって、進捗が悪いなんて間抜けすぎるから、さっさと治ってほしいものです。

さて、今回も3本のスマホゲーを紹介するよ〜! フォルダの分類が雑すぎて、実は81本ないのでは説が濃厚なんだけど、そこは何とかするよ!

 

(11)HANDBRAKE VALET

華麗に路上駐車を決めるゲーム。画面手前から車が断続的に突っ込んでくるので、瞬時に大きさ、速さ、空きスペースを見極めて、対処しなければいけない。聞くだけだと簡単に思えるが、これが案外、難しい。ミリ単位の正確さが要求されて、少しでもズレるとたやすく前後の車に衝突する。集中力と、思考の速さが必要なので、自信がある人におすすめ。わたしは度々挑戦したけど、10回で打ち止めでした。

 f:id:nopoem:20170521002631p:imagef:id:nopoem:20170521002633p:image

 

(12)Time Locker

シューティングゲーム。プレイヤーの操作と敵の動きが連動しており、画面から手を離すと何もかもが動かなくなる。これだけ聞くと、考える余裕がある分簡単そうに思えるが、他のシューティングゲームと難易度に大差はない。時間制限が設けられており、画面下側から迫る黒い線に追いつかれると問答無用でゲームオーバーになる。これは時間をとめようとも動き続ける。また、進めるほど敵の種類や、弾幕の密度が濃くなっていき、最終的には画面を埋めつくす。こうなってくると、時間を止めなければ簡単に事故死してしまうので、もはやタイムロックはプレイヤーへのハンデではなく、攻略の必須要素に成り替わる。キャラクターもかわいいし、攻撃の種類も豊富。アップデートが何度も入ってるし、いつまでも楽しめる良作だと思う。

f:id:nopoem:20170521002648p:image

 

(13)Tomb of the Mask

画面をぴょんぴょん飛び回る2Dアクションゲーム。画面のキャラクターを、敵や、トラップにぶつけないように操作していく。縦横に指をスワイプさせていくだけの単純な動作だけど、アイテムや、敵の配置がいやらしい。目先の欲ばかり優先していると、行き着く先はトラップだったり、画面下から迫る触れると死ぬ光だったりと、結局は大損をすることになる。昔はエンドレスモードしかなかったが、現在はステージモードも追加されている。ステージクリアでアイテムを得やすくなったから、プレイするなら今!

f:id:nopoem:20170521002909p:imagef:id:nopoem:20170521002913p:image

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------

テーマ:本当に好きなゲーム。

12、13が特に好き。高評価レビューを多く得るのも当然という感じだね。広告を自分の好きなタイミングで見られて、基本的には課金をする必要がない。グラフィックもきれいで、ゲームとしてももちろん面白い。今、売れるスマホゲーってのはこういうのなのかな。売り上げは知らないけど、僕だったらこういうゲームを買うなー。

留年日記 4日目:帰り道にて

ゆっくりと歩くのは、物事を深く考えることに繋がる。

今日、家までの一本道を歩いている時、ふいにそう思った。今までも、自分の生活リズムをスローダウンさせるために、歩調を遅くして散歩に出かけたことがある。何もない場所だけど、家の近所を歩き回ることで、「これで心にゆとりが生まれる」と自分に思い込ませていた。

 

でも、その時は、ただ足を動かしているだけで、何も意味がなかった。花々や、草木、行き交う人々が目に映り、土や、雨の匂いが香るのに、まったくの無関心。少しも考えを巡らせないで、耳元で鳴り響く音楽から、くだらない空想を膨らませるだけだった。

 

それでは、ゆとりなんて生まれるわけがない。ましてや、物事を考えるきっかけになんてなるわけがない。本当にゆとりを生み出し、深い思案ができるようになりたいなら、五感が伝えるものをしっかりと受け止めなければいけない。他のことを考えるなんて、言語道断。どんなにちっぽけでも、見つけたものは、必ずぼくに刺激を与えるはずだから、そこに意識を集中させなければいけないのだ。

 

今日の帰り道、これらのことに気づきました。明日からは、もっと余裕を持って歩いて、いろいろなものを見て、聞いて、感じられるようにしたいと思います。そして、何かを見つけたら、それについて思いを巡らせます。出来なさそうなら、言葉で表現することを試みるます。今は物事への興味が薄いから、感受性の高い人間になるために、一歩を踏み出せ〜!

4回目 スマホゲーログ 12/81

ついに2桁の大台に乗りました。応援、声援、その他諸々、特にありませんでしたが、続けてこれてよかったです。 道のりは長いけども、これからも頑張っていくぞー。

 

⑩Panic Drop

f:id:nopoem:20170518165215p:imagef:id:nopoem:20170518165220p:image

傾斜に沿って落ちていく四角い生物を操作して、障害物を避けていくゲーム。操作キャラが特殊な挙動をするわりに、高速で動くので難しい。安全なルートを選んでいっても、マップの構成次第では、対応できずに死ぬ。序盤はまだ平気だが、進むにつれてその傾向が顕著になる。ただでさえ難しいのだから、ギミックごとにステージを作ってほしい。そうじゃないと、いつまでも同じ箇所で詰まって、スコアが伸びない。

 

(11)Big Hunter

f:id:nopoem:20170518165534p:imagef:id:nopoem:20170518165801p:image

原始人になって、大型動物を狩るゲーム。画面を長押しすることで操作キャラが後退する。ドラッグすると照準を合わせ、指を離すと武器を投げつける。操作は簡単なものだが、ギミックが豊富で飽きない仕組みになっている。特に、コンボを繋げるとダメージが増加するのが好き。10連続で攻撃を当てて、一気に相手の体力が消えていくのは、見ていて楽しい。

 

(12)Swap Cups

f:id:nopoem:20170518165717p:imagef:id:nopoem:20170518165720p:image

警察官を指揮して、敵を倒すゲーム。下がっている間、後衛は体力を回復させ、前衛と入れ替わるとスキルを使う。これがこのゲームの面白いところ。強力なスキルを持つキャラばかり下げると、回復が追いつかなくなってゲームオーバーになる。逆に、回復を優先しすぎると敵の処理が間に合わなくなり、同じように死ぬ。2つのバランスをとって、状況ごとに最適な判断を考えるのが楽しい。

 

------------------------------------------------------------------------------

 

テーマ:比較的、ハマったゲームたち

Panic Dropはハマった中でもつまらなかったゲームですが、他2つは熱心に遊んでいました。触れなくなったきっかけは、変化の乏しさ。いつまでも同じことを繰り返して、飽きてしまった。こういうゲームをもっと面白くするには、どうすればいいんだろう。普段とは違う要素を入れたイベントを開催すればいいのかな。

 

留年日記 3日目:昇進

ぼく、バイトでライターをさせてもらっています。

火をつけるほうではありませんよ。文章を書くほうです。

インタビューしたり、対象について調べたりした後、記事を書くのが主なお仕事です。

 

自分の文章力が並外れて高いとは思っていないので、「ほどほどに役に立っている」程度の認識だったのですが、どうやら昇進するみたいです。

具体的に何か肩書きをもらえるわけではなく、仕事の幅が増えるというだけなのですが、そのことがちょっとだけ嬉しい。文章力以外の点も総合的に見て、ぼくが選ばれたのでしょうけど、そもそも文章力がなければこの話はこなかったはず。少しでもぼくの文章が認められたのならば、なんだかいい気分です。

 

今は、新しい仕事をこなす前の下積み期間のようなもので、スパルタ指導に少しだけ辟易しています。出勤するのを憂鬱に感じる時さえあるかもしれないです。でも、ダメ人間から今一歩レベルアップするためにちょーっとだけ頑張っていこうと思います。目指せ、パンピー

3回目 スマホゲーログ 9/81

最近、あんまり書く気が起きなかったから、ここまで連続で更新できて嬉しい。ネタが簡単だからだけど、成果は成果。この調子で続けていきたいな。

 

ホバークラフトテイクダウン-カスタムコンバットカー

f:id:nopoem:20170517023144p:image

 f:id:nopoem:20170517023148p:image

ブロック製自動車の兵装を整えて、走行する敵車両を打ち倒す3Dカーアクション。愛らしい車のデザインに反して、難易度は高い。敵の弾幕が濃い上、破壊した敵の破片が降り注ぐので、余計に避けにくかった。だが、あまりにも理不尽な攻撃はしてこない。愛車を強化するほど、確実にスコアがのびるので達成感を得られた。また、ボン!と車が壊れる瞬間は、ほんの少しだけ気持ちがスカっとするので、小さなイライラが溜まっていたら、遊ぶといいかも。

 

⑧Magic Mancion

f:id:nopoem:20170517023154p:imagef:id:nopoem:20170517023200p:image

障害物をジャンプで避けて、マンションの上階を目指していくゲーム。当たり判定と、ジャンプのタイミングが厳しい。「えっ、避けたじゃん」と疑惑のゲームオーバーに納得ができない時もあるが、ドット絵がかわいいので何だかんだストレスは少ない。ぼくは19階で挫折してしまったけど、世の中には700階オーバーの猛者がいるらしいから、彼らを目指して誰か頑張って。

 

⑨Tracky Train

f:id:nopoem:20170517023227p:imagef:id:nopoem:20170517023230p:image

脱線しないように線路を引いて、電車を停車駅まで導くチキンレース。迫り来る電車に追いつかれないように、焦りを抑えてプレイするのが楽しい。ホラーゲームほど心臓に悪くはなく、じわじわとスリルを感じられるので、刺激がほしい人におすすめ。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

テーマは、「高難易度を追い求めろ!」でした。

戦略性の薄いゲームが高難易度でも、飽きるだけなのですが、時々、無性に遊びたくなります。なんでだろう。「あの時、うまくできなかったな」という気持ちがプレイ意欲へ繋がるのでしょうか?  それとも、思考停止してプレイできるから、気楽なんですかね? 真相は闇の中です。プレイし続ければ、いつの日か理解できるかな。

留年日記 2日目:発表地獄

 

テーマに不安を抱えた卒論発表と、うまく言語化できなかった『エドウィンドルードの謎』の発表。両方、散々な出来栄えで、どちらも質疑応答で意見が出ず、教室を静まり返らせてしまった。

 

どちらの授業でも先生が意見を出してくれたことで、何とか間がもったけど、終わってから少しだけ後悔。もう少し、考えてから挑めばよかった。絶対に同じクラスの人にバカだと思われただろうし、何より中途半端な内容で発表して自分の主張がうまく伝わらなかったのが悔しかった。

 

今季はもう発表はないかもしれないけど、次があるのなら絶対にうまくやってやろうと思う。絶対に。最近、自分の表現力の低さに絶望しているから、何とか挽回していきたい。自分の思っていることを100%表して、ついでに、面白おかしく伝えられるようになりたい。だから、面倒くさいし、うまくいかないこともあるだろうけど、頑張っていきたい。

2回目 スマホゲーログ 6/81

スマホの容量確保のためにゲームを消すので、ログを残そうという本コーナー。

記念すべき第2回目でございます。

飽きっぽい性分が災いして、1回限りの使い捨て企画にならなくて一安心だよ。

 

④トコトコ箱庭ネコパズル シュレディンガーの箱庭

f:id:nopoem:20170516111338p:image

 f:id:nopoem:20170516111344p:image

与えられたピースをマップにはめて、猫の歩く道を作るパズルゲー。ゲーム自体は非常に簡単で、後半のステージでも少し思案すればすぐに答えに気づけるだろう。パズルと銘打たれているが、実態は心地よいBGMとかわいらしい猫に癒されるセラピーゲーだと思う。疲れてる時や、イライラしている時にプレイすると穏やかな気持ちになる。

 

⑤俺の校長3D

f:id:nopoem:20170516111409p:image

 f:id:nopoem:20170516111413p:image

校長の話をいかに長い間、生徒に聞かせるか挑戦するゲーム。15文字以内の話題を入力した後、校長と生徒の様子を眺めるだけのシンプルな構成。ダウンロード直後は、趣旨を勘違いして破壊力満点のクソスピーチを生徒に聞かせ続けたので、生徒保護に動き出すまでタイムラグがあった。最終的に世界一の校長まで上り詰めるも、やる気を失う。校長就任の新鮮さを楽しめるうちが花。

 

⑥Ulitimate Briefcase

f:id:nopoem:20170516111430p:image

f:id:nopoem:20170516111437p:image 

空から降り注ぐ爆弾を回避するゲーム。初期キャラがブリーフケースで爆弾を防ぐスキル持ちなので、タイトルはおそらくそこからつけられた。ゲームの難易度は高めで、3分以上生き延びた記憶がない。弾幕の濃度、爆弾の種類、殺意、どれを取っても一級品の鬼畜。手軽に遊ぶようなゲームではなく、腰を据えてじっくりと遊ぶものだと思う。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

以上、④〜⑥でした。

大学2年の頃を支えてくれたゲームという感想。記事を書いている時に、当時の辛い状況を思い出して、少しだけ重苦しい気分になりました。まっ、もう消すから、その気持ちともおさらばですけどね!  シュレディンガーの箱庭はかわいかったので、結局、残すけど、かわいいから仕方ない!